焼き色とは

焼き色

窯変(ようへん)
窯変(ようへん)style=

窯床に置いてある作品が炭に埋もれ、直接炎があたらないことと、空気の流れが悪いことが相まって還元焼成(いぶし焼きの状態)になったために生じる窯変で、ネズミ色・暗灰色・青色等に発色します。

胡麻(ごま)
胡麻(ごま)style=

松割木の燃料が燃えてできた灰が高い熱により釉化(ガラス化)し焼成中に作品に付着し、胡麻の粒をふりかけたようになっているのが特徴です。作品の多くは灰が多くかかる棚の上に置かれ、降りかかった灰が熱で溶けて流れた状態のものを玉垂れ(たまだれ)といいます。

棧切(さんぎり)
桟切(さんぎり)style=

松割木の燃料が燃えてできた灰に作品の一部が覆われ、酸素の少ない状態で還元焼成(いぶし焼き)にすることで、還元された箇所が黒色から灰青色などの色の変化が模様に現れる焼成方法です。昔は、窯の内部を桟(さん)で仕切っており、この桟の下で焼かれる作品にこの模様が現れたので桟切(さんぎり)と呼ばれるようになりました。

緋襷(ひだすき)
緋襷(ひだすき)style=

備前焼の素地に藁(わら)を巻いて焼成することで、素地は薄い茶色、藁があたった箇所は緋色に発色する焼成方法です。藁のカリウムなどの成分と、素地の鉄分などの化学作用によるものです。本来は、作品を重ねて窯詰めをする際に、くっつかないようにするために藁を巻いていたのが始まりです。

青備前(あおびぜん)
 青備前(あおびぜん) style=

窯の中で酸素があたらない状態で還元焼成することで酸化第一鉄(Fe2O)となり、青灰色に発色します。必ず意図したとおりの発色になるとは限らず、生産が非常に困難なことから、大変珍重されてきた技法です。酸素がなければないほど、水色に近い青に発色します。

白備前(しろびぜん)
近年では、鉄分の少ない土を焼しめることにより、釉薬を使用せずに白備前を焼成することができるようになりましたが、18世紀初頭の江戸時代には岡山藩からの命により、白い土に白や透明の釉薬を使用して高火度で焼成して作られていました。非常に希少であり、古いものは骨董品としても重宝されている焼成方法です。

黒備前(くろびぜん)
成形後に鉄分を多く含んだ土を表面に塗る伊部手(いんべて)と呼ばれる技法を用いて焼成することで、表面の土が溶け出し釉薬のような働きをするため、土に含まれる鉄分の量によって、仕上がりの色の濃さには違いが出ますが紫蘇色から黒の発色になり仕上がった作品はどれも独特の風合いになります。

■ 商品カテゴリ

送料について

送料は全国一律
1個 1099円(税込) / 2個以上 1311円(税込)
最大購入数 10個まで(大量注文時は事前にご相談ください。)

配送について

商品注文後3~5営業日以内に発送します。 配送はゆうパックを利用します。東北、北海道、離島以外は概ね発送翌日にお届け可能です。 日時指定・時間帯指定もご利用いただけます。
※桐箱、のしが必要な場合は5営業日以上かかることもございます。

支払いについて

〇クレジットカード決済
以下のカードブランドのクレジットカードがご利用頂けます。決済はソニーペイメントサービスを利用して行われますので安心です。

商品の在庫について

在庫0の商品で「再入荷待ち」の商品については、入荷時期は未定ですが再入荷の予定があります。「売り切れ」のものは再入荷の予定はありません。

返品交換について

商品の検品には万全を期しておりますが、万が一不良品や破損などございましたら、5営業日以内にお知らせください。すぐに対応させていただきます。